2005年05月28日

このメールマガジンについて>概要

●購読料: 無料

●発行周期: 週一回

●このメールマガジンの目的
・海外のインターネット・メディアサイト(主に米国のサイト)から日本や日本人の話題をピックアップして紹介します。
・身近な話題を楽しみながら英語の学習ができるようになっています。

●このメールマガジンの特徴
・普段あまり触れることのない外国人の日本観、日本人観を知ることができます。
・原文にはすべて訳文をつけているので、気軽に購読していただけます。

●発行者: 凛猫(りんねこ)こと高山英一

●発行者のメールアドレス: rinneko@u01.gate01.com

●発行者ウェブサイト: http://eigomagazine.livedoor.biz/


●このメールマガジンのサンプル(以下)

注:このサンプルの最後に登録フォームがあります。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
びっくり仰天!海外メディアがとらえた僕たち日本人  2005年05月28日
第1回 Shall We Dance?
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

創刊号となる今回は、今日本で話題になっているShall We Dance?(米国リメ
イク版)について、Yahoo!米国版のMoviesカテゴリにあるユーザー・レビュ
ーに投稿されたレビューの紹介です。

リメイク版の評価にはとかくオリジナル版が引き合いに出されますが、Shall
We Dance?のリメイク版のレビューにも日本オリジナル版(米国では1997
年7月にリリース)との比較論が展開されていますよ!
では、行ってみましょう!


【原文と訳文】

(タイトル)

Why is there NO MENTION of the ORIGINAL film?

なぜオリジナル版のことが書かれてないの?


(以下本文)

This film is a remake of a very beautiful Japanese film written
and directed by Masayuki Suo.

この映画は周防正行氏脚本・監督による大変美しい日本映画のリメーク版
である。


I ask that serious film buffs PLEASE see the original before
they judge this bittersweet story, originally filmed in a
tender and moody style that evokes the sadness and hope of
this situation.

まともな映画通の方は、このほろ苦い物語を評価する前にどうかこのオリジ
ナルを見てほしい。もともとは、悲哀と希望を抱かせる、やさしく雰囲気ある
スタイルで映画化されたものだ。


The irony of the story is lost in the translation, from the
repression of the emotional state of the characters to the
haunting landscape of Japan's most crowded city-scapes.

そういうこの物語の皮肉は翻訳(リメイク化)で失われた。登場人物たちの
感情の抑圧から、日本のとても混雑した都市景観の悩ましい風景に至るまで。


There is no way that this milk-and-water version can compete.

このあじけない(米国リメイク)版が、(日本オリジナル版に)匹敵するわけ
がない。


I like all of the actors in the anglicized version, so it's
not anti-Gere sentimentality or anything, it's just that I
love the original film.

私はこの英語化されたバージョンに登場する俳優たち全てが好きだ。だから、
アンチ・リチャードギアの感傷的な意見などではない。ただオリジナル版が好
きなだけだ。


My only hope is that the release of this version will spark
interest in the very lovely and wonderful original.

願わくば、このリメイク版が愛すべきすばらしいオリジナル版への興味の火
付け役になりますように。

(以上本文)


【解説】
げげげー!皆さん信じられました?映画のメッカ米国で、Shall We Dance?の
ハリウッド版がこき下ろされていますよ!そしてなんと、日本版が絶賛され
ています!

日本の映画もまだまだ捨てたもんじゃないですね!

なお、別のユーザー・レビューの中には、
Maybe this story worked in very rigid Japanese society, but in
America the story is just stupid.

(多分この物語は非常に堅苦しい日本社会のなかでこそうまく描かれたので
あって、アメリカではただ退屈なだけだ)

なんて書いている人もいますよ!なかなか洞察力をお持ちの方ですね!


なお、Shall We Dance?についてのレビューをもっと見たい方は、米国版
Yahoo!のMoviesカテゴリの中にある、Search Yahoo! Movies:の横の検索
窓にShall We Dance と入れてSearchボタンをクリック!
Critics Reviews (評論家レビュー)とUsers Reviews (一般ユーザー
レビュー)があり、いろいろな意見が見られますよ!


Shall We Dance?の映画は僕も米国版と日本オリジナル版両方観ました!

米国リメイク版はゴージャスでその場で楽しめるという感じ。
主人公のリチャード・ギアはやっぱりかっこいい!

かたや日本オリジナル版は役所弘司演ずる主人公の心のうつろいを考えさせ
られじわじわと感動が押し寄せる感じでした。
映画のラストで草刈民代演ずる美人のダンス先生と踊っているときの主人公の
しんから楽しそうな姿が今も心に残っています。

僕としましては単純ながらどちらもすばらしい映画だったと思います!

皆さんはどう思われますか?



【編集後記】

創刊号ということで、このメルマガの創刊の動機と、僭越ながら自己紹介を
少々…。

(創刊の動機)
世界の人たちは日本や日本人のことをどう思っているんだろう?自意識過剰
かもしれませんが、やっぱり気になります!
僕はオンラインの英字新聞など海外メディアサイトをネットサーフィンする
のが好きなんですが、日本や日本人を取り上げている記事を発見するとつい
つい読んでしまうんです。
そしてこれがまたけっこう面白い!

ときにはわれわれ日本人が気がつかない観点からの考察になるほどと感心し
たり、ときにはおおげさすぎる表現に笑ってしまったり・・・。

海外メディアを通じて日本を再発見するという面白さを皆さんにも味わって
いただければという思いから、このメルマガの創刊を思いつきました。

このメルマガでは、政治経済からエンターテイメントまで、海外メディア
(英字新聞、インターネット等)が取り上げた日本、日本人の話題、おも
しろネタを原文、対訳を交えて紹介していきます。

そして、TOEICや英検等の英語系資格の取得を目指している方々が勉強の
合間に読んでいただけるようなメルマガを目指しています!



(自己紹介)
はじめまして!発行人の凛猫(りんねこ)こと高山英一です。
現在40歳。東京在住のごくありふれた中年サラリーマンです。

英語系メルマガの発行者の方々に多くみられる留学経験というのがあるわけ
ではありません。
大学卒業後、とある証券会社に就職し日本・世界の経済動向を分析する仕事
をしていましたが、ここで米国はじめ海外のメディア、経済関連ウエブサイ
トをネットサーフィンするなど英語と接する機会が結構あり、自分なりに英
語の勉強をしてきました。

35歳の時に人材紹介会社に転職。外資系中心で金融機関の転職コンサルタ
ントをしています。
今の仕事をしていて感じるのは、英語のスキルがあるかないかは転職に限っ
ても重要だなと思います。
英語のできる方はそれだけで仕事の幅も広がるし、しかもいい条件で働ける
のですから。
最近は日系の金融機関でも英語を要求することが多くなってきました。
それだけ金融というものがグローバル化してきているということですね。

出身は福岡県。
ちなみに趣味は読書(今は村上春樹に凝っています)、神田神保町古書店
めぐり…神保町系オタクです(笑)。
また愛車はシボレーです(自転車ですが・・・)。


では今後ともなにとぞなにとぞよろしくお願いします!

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
発行者: 凛猫(りんねこ)こと高山英一
発行者ウェブサイト: http://eigomagazine.livedoor.biz/
連絡先メール: rinneko@u01.gate01.com
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


無料メールマガジン
『びっくり仰天!海外メディアがとらえた僕たち日本人』
(ID:0000159413)

このメールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ!

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。


登録フォーム




解除フォーム



まぐまぐ

から発行しています。


  

Posted by takayama_e at 15:07Comments(776)TrackBack(1)